突然の出会いと女の子の変身

突然の出会いと女の子の変身

こんなにも女性は変わるのかと衝撃的な出会いがありました。

 

かれこれ何年前の話になるか、私が小学校の頃は今とは違い活発で、休み時間になるとすぐ友達を引き連れ校庭にボール遊びをしに行ったり、誰にでも声を掛けてクラス全員を友達と思っているくらい交流の幅が広く社交的な子供でした。

 

そのクラスの中に変わった女の子が居ました。その女の子は小柄でコチラが話しかけても、何かに怯えたように蚊の鳴くような小さい声で、ボソボソと返事を返してくる子でした。

 

小学3年〜6年の間彼女と同じクラスで、その間ボソボソ返事でも何度か話しかけているうちに、ほんの少しだけ慣れてくれたのか、たまにクスッと笑ったりしてくれるようになりました。

 

当時の私は何故もっとオープンに喋ってくれないのだろう、もっと喋ってくれたら面白いのになぁと思っていました。けれど中学に入って彼女とは別々のクラスになり、話す事も見かける事も無くなり、高校は別々になったので彼女の事はすっかり忘れていました。

 

ある日、高校の友達と食事をしようとファミレスに入り、注文しようとウェイトレスにメニューを言っていると、そのウェイトレスが私の顔を見て「あれ?○○君?」と話かけてきました。

 

私は急な事に驚きつつ、その女の子をまじまじと見ながら記憶を必死に探したけれど、スラっとしたモデルみたいな体型と、燦々とした笑顔の美人の知り合いは思い当たらなくてキョトンとしていると、彼女は笑顔であの小柄でボソボソ話していた女の子だと教えてくれました。

 

中学・高校の間だけでこんなにも女性は変わるものかと、とても驚きました。

 

彼女はバイト中だった事もあり、その場では募る話はあまり出来ませんでしたが、メール交換をし、そこから交際するまでになりました。こういうドラマのような出会いが本当にあるんだな、世界は未知数だなと実感させられました。