今思えばこれも出会いのひとつ

今思えばこれも出会いのひとつ

以前働いたフランス料理のレストラン、シェフが昔気質の料理人で厳しいことで知られた店でした。

 

私がその世界に入ったのはある雑誌で読んだシェフの仕事に興味が湧いたからです。

 

経験のない私を面接してくれたのはシェフの奥様でしたが、店のサービス担当でもありソムリエでもありました。シェフが強面で口下手な感じの人だったのに対し、奥様はそれを和らげるような優しい女性、しかもかなりの美人でした。キャリアが無い私でも丁寧に面接してくれて彼女のはからいで無事働き出すことができたのです。毎日叱られてばかりでしたがやり甲斐のある仕事、辛いことより満足感の方がはるかに勝っていました。

 

シェフは相変わらず怖い感じのままでしたが、叱られた後に奥様がフォローしてくれるのが救いでした。いつしか彼女に憧れを抱くようになったのですが、私より一回りぐらい上の彼女、もちろん立場上上司と部下の関係ですし、それ以上の発展はもちろん有り得ませんでした。

 

数年勤めて私は職場を変えました。その後ある年にシェフ夫婦が離婚したと知りました。久しぶりに店を訪ねるとシェフとスタッフ数名は残っていましたが奥様は独立したとのこと、後に電話してみると元気そうでしたがどこか寂しそうでした。たまには食事でもしましょうということになり約3年ぶりぐらいに会ったのですが、以前に比べてとても綺麗な彼女、思わず冗談で時々デートしたいなあと誘ったのですが、あっさりOKしてくれました。

 

毎月のように食事するうちに距離も接近、いつからか大人の関係になってしまいました。もしかしたら私はどこかでそうなることを期待していたのかもしれません。

 

彼女は他に再婚相手がいるようでつまりは浮気相手の対象になったようなものでしたが、シェフの手前内緒の方が私には好都合、少々ズルい考えですがしばらくそのままでいようと思いました。